ミュージック

格安Bluetoothイヤホンって実際どうなの?

近年、AirPodsを筆頭にBluetoothイヤホンユーザーが非常に多くなってきています。

でも、Bluetoothイヤホンはピンキリで、安いものから高いものまで豊富な種類が存在しています。

高価な商品を購入すれば間違いない。ある程度の音質と機能を兼ね備えています。

では、Amazonでよく見かける安価なものは実際どうなのだろうか。

2,500円程のイヤホンを購入した筆者は約2年使用しています。ある程度使用した私の感想だが、買って損はしていないと思っています。

格安Bluetoothイヤホンの良かったところ

格安なだけあり、良かったところも悪かったところもあります。

まずは良かったところ以下の点です。

  • 安いので、気軽にコードレスでの音楽視聴が体験できる。
  • コードレスはそれだけでストレスが軽減される。
  • ランニングに適している(相当激しく動かなければ落ちることはない)。
  • イヤホンを3秒ぐらい触るだけで起動し、プレーヤーに接続される。
  • スキップもイヤホンをタップするだけで行える
  • 値段の割にはまずまずの音質

上で挙げたように、安価な値段でコードレスを体験できるのは大きいです。この体験をした後は、コードありのイヤホンを使用すると、コードがよっぽど邪魔に感じるようになります。コードありのイヤホンを使用してのランニングなどもってのほかです。

また、重要な音質も案外悪くはないです。もちろん、高音質かと聞かれたら、そうではないと答えます。しかし、一昔前ならコードありの4,000円弱のイヤホンにも匹敵するのではと考えられます。Bluetoothとは、そもそも音楽を圧縮して送信しているので、コードありのイヤホンより音質は悪化するのは間違ありません。しかし、昨今のBluetoothはアップデートされており、安価でも十分な機能を兼ね揃えています。

Bluetoothスピーカーなどが出た当初は、ワイヤレスというだけで、あまりにも音質が悪かったのを覚えています。その記憶がある方は余計に安価なBluetoothイヤホンの購入に踏み切れないのではないでしょうか。

格安Bluetoothイヤホンの悪かったところ

続いで悪かったところです。値段を考慮すれば仕方がない点かもしれませんが、そのことは考えずに残念だった点を挙げます。なお、一つしか所有していないため、比較はできていないことはご了承ください。

  • 充電が何パーセント残っているかが分からない。
  • フル充電のはずなのに、赤いランプ(充電がなくなってきている)がついてしまう。
  • たまに途切れ途切れになってしまうことがある。※問題なく繋がることがほとんどです。
  • ストレスなく聞ける音域であるが、やはり広域ではない。
  • 無くしてしまいそうという不安がある。

AirPodsを例に挙げると、AirPodsの場合はスマホで電池残量が確認でき、音が途切れるといった事象は起きにいので、格安Bluetoothイヤホンの悪かった点をほぼほぼカバーできることがわかります。

無くしてしまいそうというのはBluetoothイヤホンの宿命と思われます。5Gが進んだ将来は、イヤホン自体がインターネットに接続されて、無くした時でも追跡できるようになるかもしれません。いや、そもそも、5Gが進めば、Bluetoothという機能は衰退し、直接イヤホンがストリーミングできるようになるかもしれません。

話が少々脱線してしまいましたが、高いものはやはり良く、安いものには欠点もあるということです(当たり前ですね笑)。ここで挙げた悪い点を妥協できる方は格安Bluetoothイヤホンを購入してみるのもいいでしょう。

まとめ

格安Bluetoothイヤホンは高度な音質や良質な充電を求める方には合わないです。

普段から5,000円アンダーのイヤホンを使用している方なら、音質もそこまで劣って聞こえることはないでしょう。もちろん好みや個人差はありますが。

1万弱のコードありのイヤホンを愛用していた私ですが、満足いっております。

1番の魅力はコードがないということがストレスを非常に抑えてくれることです。それだけで価値があります。

ぜひ、皆さんも、3、4,000円の安価なBluetoothイヤホンでワイヤレスで音楽を聴く世界に踏み込んでみてはいかがでしょうか。

-ミュージック

Copyright© DayuBlog.com , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.