アウトドア

ランタンの種類と選び方

Hilander(ハイランダー) アンティークLEDランタンブロンズ

キャンプの夜は当たり前ですが暗いです。

その夜をどのように彩るかは、ランタンにかかっていると言っても過言ではありません。

ランタンは以下の効果が期待できます。

  • 明るく照らす(当たり前)
  • シチュエーションを引き立たせる
  • 灯りに癒される

まるで部屋のようにタープの中を明るくし快適に過ごしたい方や、暖色のランタンでロマンチックな夜を過ごしたい方など、灯りの好みは人それぞれです。

この記事では、ランタンの種類と選び方を解説します。

ランタンの種類

ランタンには大きく分けて4種類に分けられます。

  • LEDランタン
  • ガスランタン
  • ガソリンランタン
  • オイルランタン(オイルランプ)

最も導入しやすいのがLEDランタンです。LEDランタンは乾電池さえあればすぐに使えてしまいます(充電式もあります)。

ガスランタンも導入しやすいです。カセットガスとランタンの組み合わせで使えるため、ガスストーブユーザーであれば、すぐに馴染むことでしょう。

ガソリンランタン、オイルランタンは燃料の取り扱いに少し気を使います。しかし、LEDやガスにはない魅力もあります。

ランタンの選び方

ランタンの種類については上で挙げました。
続いて、ランタンの「用途」の種類です↓

  • タープ内全てを明るく照らす
  • 手元を照らす
  • 雰囲気を作る

タープ内を明るく照らす

おすすめランタン:LUMENA(ルーメナー)

この素敵な写真で使われているランタンが、近年「文明開化」とまで言われているランタン「LUMENA (ルーメナー)」です。

価格は1万円を超え、ランタン界では高いです。しかし、それだけの効果は間違いなくあります。

なぜ、それほどまでに信頼されているかというと、一番はその明るさです。ルーメナーシリーズのうち、最も暗いバージョンのルーメナー7でも最大ルーメンが1300lmとなっております。(※ルーメンは大きいほど明るいです。)この光量も変更できるので、明るすぎるというときは暗めに設定することができます。

さらに、光のパターンも変更できます。→昼光色、昼白色、電球色と変えられます。

そして、キャンプで案外必要なモバイルバッテリーとしての機能も果たします。

さらに、ハンドル部が90度回転するため、吊るすだけでなく、テーブルランタンとしても使えます。

おすすめランタン:コールマン ノーススター2500

【日本正規品】 コールマン(Coleman) ランタン ノーススター 2500

こちらはガスランタンです。

超有名ブランド「コールマン」は多くの人を魅了してやみません。中でも、ランタンはコールマンで揃えるという人が多くいます。

メインのランタンとして十分な明るさを発揮しますが、このランタン+小さいランタンで完璧となるでしょう。

手元を照らす

こちらは乾電池使用のLEDランタンです。明るすぎず、暗すぎないという、サブランタンとして非常に使えるおしゃれなデザインのランタンです。

LEDランタンは、外見がイマイチなものが多い中、ウッド調の見た目はどのようなキャンプサイトにもマッチします。

メインランタンとしては、一つではやや物足りない光量です。他のランタンと組み合わせるなどすることをおすすめします。

雰囲気を作る

たった一つでワンランク上のシチュエーションになります。

左がコールマン(Coleman) のルミエールランタン

右がスノーピーク(snow peak) ノクターンランプ

写真で見てもわかるように、コールマンのルミエールランタンの方がサイズが大きく、光量も大きいです。

どちらもテーブルの上に置いておくと、優しい炎が、優しい灯りで包んでくれます。

これは、完全に好みですが、どちらを購入してもLEDランタンにはないワンランク上の雰囲気になります。

オイルランプやキャンドルという手もあります。

まとめ

ランタンひとつで夜のキャンプの「表情」は大きく変わってきます。

みんなでわいわい(迷惑にならないように)過ごすなら白昼色のLEDランタン、少人数でしっぽりとお酒を飲むなら控えめの光量のランタンにテーブルランタンなどと変化をつけるのもキャンプの楽しみの一つです。

全く何も持っていないという人は、まずメインのランタンから購入し、そのあとにテーブルランタンと進むといいでしょう。

ただ、ソロキャンプがメインの方は、テーブルランタンのみでも快適に過ごせるかもしれません。

-アウトドア

Copyright© DayuBlog.com , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.