アウトドア

SUP(サップ)初心者が必要な服装と持ち物【SUPの難易度は?】

SUP(サップ)とはStand Up Paddle board(スタンドアップ パドルボード)の略です。

ボートの上に立ってパドル(水を漕ぐ棒)で進むウォータースポーツです。

海より湖などの波が少ないシチュエーションで行われることが多いです。

ただ、波が少ないとはいえ、まだSUPをやっとことがない人は「バランスを取るのが難しそう...」などといったイメージをお持ちではないでしょうか。

私もはじめは上手にできるか不安でした。

結論から言います。

SUPは簡単です!

競技(レースやフリースタイル)レベルとなると話は変わってきますが、普通に立ってスイスイ水上散歩を楽しむことは、初めてであっても老若男女問わず誰にでもできてしまいます。この気軽さがSUPの魅力でもあります。

では、SUPをするにあたって必要な服装と持ち物を解説します。

SUPする際の服装

SUPをする際は、水着もしくはランニングするような格好が望ましいです。

男性であれば、水着で上半身は裸でも大丈夫ですが、Tシャツを着用する方が多いです。

女性であればショートパンツ(+レギンス)にTシャツが無難です。

参考画像↓

【参考】山梨県 本栖湖でのSUP

あまりにも「私服」であったりすると、万が一水に落ちてしまった際にボートに戻るのが大変になってしまいます。※インストラクターのように慣れていなければ、ライフジャケット着用は必要です。なお、基本的にライフジャケットはレンタル一式に含まれています。

SUPで必要な持ち物

きっとこの記事を読んでいる方はSUP未経験、もしくは初心者が多いことでしょう。

未体験、初心者の方はボートなどのレンタルとインストラクターつきのSUP体験をおすすめします。相場は2時間で5,000円といったところです。

では、レンタルできる以外で必要な物を挙げます。

  • 服、着替え、タオル
  • 飲み物(500mL以下が望ましい)※なくても何とかなりますが、あると安心です。

以上です。これだけで十分です。

服は上で書いたとおりで大丈夫です。飲み物に関しては、2時間ほど水の上に滞在するため持って行った方が安心です。。汗を大量に書くようなスポーツではありませんが、500mL程度の水分で良いでしょう。なお、ボートにくくりつけることのできるようになっています。

反対に持って行かない方が良いものはこちらです。

  • スマホ
  • カメラ(GoPro含む)

万が一湖に落ちてしまったら、永遠に拾われることのないガラクタになってしまいます。インストラクターの方も過去に何度も落としている人がいると話していました。写真はインストラクターが撮って送ってくれるところも多いので、事前に確認すると良いでしょう。

-アウトドア

Copyright© DayuBlog.com , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.