ファッション・雑貨

【ジェイソンマーク】汚れたスニーカーが生き返る!〜リペルもおすすめ〜

おしゃれは足元からという言葉があるように、スニーカーがとても汚れていたり、ボロボロだったりすると残念に見えてしまいます。

新品の服を着ても、靴が汚れていたら清潔感も半減してしまいます。

そのぐらい、おしゃれにおいて足元は重要です。

とは言っても、靴は安いお買い物ではありません。できれば、お気に入りの靴を長く使用したいですよね。

そのためには靴をちゃんとケアしなくてはなりません。

そこで、今回ご紹介するのが「Jason Markk(ジェイソンマーク)」のスニーカークリーナーです。

さて、本当にスニーカーが綺麗になるのかが重要なところです。

実際に使用したところ

軽い力で簡単に落ちるので驚きました!!(ステマではありません)

Jason Markk(ジェイソンマーク)を使用して良かったところ

  • 力が要らない
  • 手荒れしない
  • 長持ちする
  • シューケアの楽しみを知ることができる
  • 革靴にも使える

力が要らない

汚れを落とすのにあまり力がいりません。それなのに汚れが見る見るうちに落ちます。とはいえ、全く力が要らない訳ではございません。手が疲れない程度です。

ただ、メッシュ素材の部分は、ブラシの毛先がメッシュの穴に入ってしまい、ブラッシングが上手にできません。これが唯一の汚れを落とす上での欠点です。

手荒れしない

98.3%が天然素材でできていることから、環境に優しばかりでなく、手荒れがしにくいのもポイントです。

さらに、香りも石鹸のような香りがするのも高評価です。

長持ちする

容量が少なく、すぐに無くなりそうだと思っていましたが、意外と長持ちします。

シューケアする頻度にもよるとは思いますが、1本あれば数年間は持つでしょう(ただし一人分で考慮した場合)。

結構惜しみなく使用したのにあまり減らなかったのは意外でした。

シューケアの楽しみを知ることができる

シューケアが楽しいなんて思ってもいませんでした。

汚れが落ちる感覚と、手を動かして作業している感覚。さらに、スニーカーを大切に扱う感覚が混ざりあり、シューケアの楽しさを知ることができました。

1日で思わず5足のスニーカーを綺麗にしてしまいました。

革靴にも使える

革靴をシューケアする場合は革靴専用の道具を使用するのが一番良いですが、そこまではしなくても大丈夫という方は、Jason Markkでも綺麗にすることができます。

ただ、本当に良いものである場合は専門店にお願いするのがマストです。素人とプロでは圧倒的に仕上がりの差が出てきてしまいます。

「汚れを落としたい」ぐらいであれば問題なしです。

Jason Markk(ジェイソンマーク)を使用する際注意する点

Jason Markkを使用する上でいくつか注意点があります。

  • 泡が飛び散る
  • 泡を拭き取るタオルが多く必要
  • スエード生地のシューケアは慎重に

泡が飛び散る

ゴシゴシやっていると、結構広範囲に泡が飛び散ります。外で行う場合は問題ありませんが、室内で行うときはシートを広めに広げることをおすすめします。

Q:使用するシートは何を使えばいいのか?

A:身近なゴミ袋を切って広げるといでしょう。

泡を拭き取るタオルが多く必要

Jason Markkでゴシゴシやった後の泡は水で洗い流すのではなく、タオルで拭き取ります。両足分やると、結構タオルの拭き取りが悪くなってきますので、複数枚必要になるでしょう。

普通のタオルもいいですが、マイクロファイバータオルはよく拭き取れるのでおすすめします。

スエード生地のシューケアは慎重に

スウェード生地のスニーカーも多くあります。

特に色付きのスウェード生地は特に注意が必要です。

なぜなら、色付きのスウェード生地は水に濡れると色落ちしてしまうためです。

詳しい方法は以下のAmazonの動画で解説されておりますのでご確認下さい。

Jason Markk(ジェイソンマーク)の防水スプレーRepel(リペル)もおすすめです

Jason Markkの防水スプレーRepelもおすすめです。

なんと言っても、驚異の防水力を誇ります。

スニーカーに防水スプレーをする利点としては、水を浸透させなくなる他、汚れもつきにくくなります。

そのため、お気に入りのスニーカーを長く綺麗に使うためにも非常に有効的です。

皆さまが、素敵なスニーカー生活が送れますように。

-ファッション・雑貨

Copyright© DayuBlog.com , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.