ファッション・雑貨

JINS×FREAK’S STOREのコラボ眼鏡は、ワンランク上のおしゃれ眼鏡!

日本人は約6割の人が眼鏡やコンタクトユーザーと言われています。

視力が悪い人は、本当に裸眼の人が羨ましいてすよね。

しかし、裸眼の人は眼鏡でおしゃれをすると言う楽しみはありません。伊達メガネはなんだか恥ずかしいという人も多いです。
つまり、裸眼の人からすれば眼鏡、コンタクトと切り替えられる視力が悪い人を羨ましく思う場合もあるようです。

しかし、眼鏡は決して安いお買い物ではございません。
さらに1度買ったら何年も使用することになるので、選ぶときはより慎重になるものです。

眼鏡にこだわりが強い方は、個人経営のような眼鏡屋さん(安くても3万円は越すような)に行くことでしょう。
しかし、大半の方はJINSやZoffのようなコスパが高いところで購入するのではないでしょうか。

JINSとZoffのどちらが良いのか?それはきっと、人によると思います。(Zoffの方が割引商品が多い印象です。)

今回私はJINSで購入しましたが、それはどちらも比較した結果、たまたま欲しいデザインがJINSだっただけです。
そして、大満足をしています。

値段は大差ないので、デザインが気に入った方で購入するのが良いでしょう。

JINS×FREAK’S STOREのコラボ眼鏡

2019年5月30日に発売されたJINS×REAK’S STOREはメガネとサングラスをMEN 6型20種、WOMEN 5型18種とバリエーション豊富な展開をしている。
詳しくHPをご覧下さい→https://www.jins.com/jp/topics_detail.html?info_id=187

FREAK’S STORE(フリークスストア)とはアパレルブランドです。20歳の頃の私は、少し背伸びをしてよく行ったものです。
そんな若かりし頃に憧れだったこのブランドとコラボした眼鏡は胸熱です。

「細部にまでこだわることで生まれる表情は、コーディネートを格上げしてくれます。」HPにある言葉です。まさにこの通り。この眼鏡は身体の一部でありながら、ファッションアイテムとして愛用できる仕上がりになっています。

クリアフレームを選んだ理由

豊富なデザインがある中でクリアフレームを選んだ理由は、、、ズバリ「おしゃれだから」です。

私事ですが、黒縁眼鏡→べっ甲眼鏡→シルバーフレーム丸眼鏡とどんどん個性的に歩みを進めてきました。

ただ、南海キャンディーズの山里さんのように主張の強い眼鏡は、あまりにも個性的になってしまう。
そこでクリアフレームは、個性を出せて、尚且つ主張しすぎないというバランスが素晴らしいのだ。

しかもこれはレンズ込みで8,000円(税抜)と言うお手頃さ。
アパレルとのコラボというだけあって、デザインも流行の的をしっかり得たデザインとなっています。
一般的な眼鏡よりワンランク上のおしゃれアイテムです。

もちろん他のタイプもかっこいので、自分が好きな眼鏡をとことん探すと良いでしょう。

少し脱線しますが、購入の際、店員さんの手際がとても良く、的確なアドバイスで素晴らしかったです。
これはJINSリピーターになるかもしれません。

残念だったところ

コラボということで、メガネケースとメガネ拭きもコラボアイテムが選ぶ事ができます。
私は、小物ケースはブラックで統一していたので、メガネケースはコラボではなくノーマルな物を選びました。(※ノーマルは黒と赤の2種類。コラボはストライプ柄が一種類。)

もし、コラボ眼鏡を購入する際は、メガネケースのサイズも気をつけた方が良いかもしれません。

ケースとメガネのサイズが合っていないかもしれないので、そこは注意した方が良さそうです。

もしくは、最初からかっこいいメガネケースを買うつもりでいれば大丈夫です。

その他の残念なポイントとしてはクリアフレームはアブラが目立ちやすいです(当たり前のことですが)。

まとめ

・JINS×REAK’S STOREの眼鏡は8,000円(税抜)という安さで且つワンランク上のおしゃれなデザイン。

・バリエーションが豊富で、きっと皆さんにも似合う眼鏡があるでしょう。

・軽量で長時間かけても疲れにくい。
・そして、もちろん試着だけでも、楽しい。
・メガネケースにしっかり収まるかは確認した方が良い。

-ファッション・雑貨

Copyright© DayuBlog.com , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.