ファッション・雑貨

MASTER WORKS(マスターワークス)の腕時計の評判が良い理由

悩んでいる人
MASTER WORKSの時計って実際どうなの?

こういった疑問にお答えします。

本記事の内容

・MASTER WORKSの素晴らしさをご紹介

・実際に購入・使用しての感想

2018年に日本に誕生した腕時計の新生ブランド「MASTER WORKS(マスターワークス)」は時計業界において大注目を集めています。
しかし、誕生して間もないということもあり、知っている人はまだ少ない。

古参を語るなら、今が狙い時です。

MASTER WORKSの腕時計、かなり良いですよ。

では、実際に使用してのレビューも交えながらご紹介します。

MASTER WORKS(マスターワークス)の特徴

2018年、MASTER WORKSは世に「傑作」を送るべく、ここ日本で生まれました。
ブランド由来は、MASTER(=匠) WORKS(=作品)。
世界各地の優れた工房やメーカーを見出し、それぞれから素材、商品の供給や支援を受けて職人たちのマスターピースを集結。
それらを組み合わせて「最高レベルのジャパンクォリティ商品」=「傑作」を生み出すことがMASTER WORKSのミッションです。世界中にある全ての素材がMASTER WORKSの一部となりうる可能性を秘めており、MASTER WORKSのモノ作りの可能性は無限に拡がっています。

引用:MASTER WORKS公式HPより引用:https://master-works.jp/about/

日本にはSEIKO(セイコー)、CITIZEN(シチズン)、ORIENT(オリエント)、CASIO(カシオ) という不動の人気を誇る時計ブランドがあります。

これらの流通量は相当なものです。それに比べてMASTER WORKSは流通量は少なく、ある意味希少価値が高いと言えます。

価格帯はアンダー5万円と比較的リーズナブルですが、20万円台の時計と同クオリティと言われているのが驚きです。

コスパが高いだけでなく、メイドインジャパンの安心感。ベルトのレザー部分に関してはイタリアでのハンドメイド品というこだわり。
レザーと言ったらイタリアと言っても過言ではありません。

そして何と言っても惚れ惚れしてしまうような美しい文字盤。

ビジネスシーンでもカジュアルシーンでも似合ってしまうデザインは、非常に上品で大人の気品を感じさせながら、男心をくすぐるデザインでもあります。

実際に購入・使用してみて

私が購入したのはこちら↓

画像の時計のスペック

・Quattro(クアトロ) / 001
・SEIKO EPSON社製のハイクラスムーヴメントを搭載した自動巻きモデル。
・パワーリザーブインジゲーター(巻上残時間表示)機能付き。
・ベルトの交換可能

パワーリザーブインジゲーターとは、12時の下にある「あとどれくらい時計が動き続けますよ!」という目安になる機能です。
この時間が最大約40時間あります。

そして9時の右側にはオープンハートと言われる、文字盤の後ろ側が透けて見える構造になっています。
覗き込むとくるくると回るのがわかり、愛着が増します。

ベルトは別売りで交換が可能

ベルトはイタリア製でしなやかですぐに手に馴染み、経年劣化が楽しめてしまいます。
イルビゾンテというイタリア製の財布をご存知ですか?ご存知の方は、あのイルビゾンテの財布の柔らかい皮を想像すると近いかもしれません。

また、ベルトは細めなので非常に上品につけることが出来ます。
ビジネスシーンでも私服でもどちらでもグッドです。

また、そのようにスタイリッシュなベルトは取り換え可能にできており、別売りで購入すれば気分に合わせて付け替えることができます。

今回はグレーカラーを選択しましたが、実際に見ると公式HPの写真より色が明るいです。
ただ、この機能が仇となって、腕につける際に微調整が必要になってしまうのが少し難点です。

文字盤も写真よりは明るいです。
私が購入したのはグレーのベルトです。
公式サイトの写真はブラックが付いているようなので、購入の際はしっかりと確認した方がいいです。

まとめ

世の中のコスパ最強時計に間違いなく食い込んできました。

クオリティが高く、ユーザーの満足度も高い。

 

毎日付けたくなる愛せる一品です。

 

今後もMATER WORKSの動向に目が離せません。

-ファッション・雑貨

Copyright© DayuBlog.com , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.